メニュー

【オーナー様向け】注意すべき物件売却の営業電話とは? - 明成不動産管理株式会社-大阪の不動産賃貸管理

仲介業者様へ

お知らせ

【オーナー様向け】注意すべき物件売却の営業電話とは?

カテゴリ: オーナー様向けコラム 作成日:2021年09月09日(木)

 

投資用不動産を持つと、見知らぬ不動産業者から

「物件を売りませんか?」といったDMが届いたり、

営業電話がかかってくることがあります。


近年、都心部にある投資マンションは大きな人気を集めており

業者は売買仲介をして手数料を儲けるためや

高く売れる物件を安く仕入れるために

日々電話や訪問営業をしてオーナー様と媒介契約を結ぼうとします。


オーナー様が物件売却の意思があり

満足のいく取引が出来れば良いのですが、

中にはトラブルや不満の種を抱える業者も数多くいますので

どういったところに注意すべきかを紹介いたします。

 

 

20210909 akutoku

 

 

ケース①

「あなたが所有しているマンションを買いたい人がいる」と言ってくる営業マン

 

実はこれ、はやく契約を結びたいがための嘘の場合がほとんどです。

「すぐに売れるなら・・・」と専任媒介契約にサインしたものの、

購入希望者はキャンセルになったと知らされ、

あれよあれよと相場より安い価格で売却に至ってしまうこともあり得ます。


このような営業電話がきた際、

少しでも「売ってみようかな」と思ったオーナー様は

別の不動産業者に第三者の意見を聞いてみることをお勧めします。

 

 

ケース②

執拗かつ頻繁にかかってくる営業電話


全く売る意思が無いのにも関わらず、何度もかかってくる電話。

わざわざ時間をかけなくても、すでに売却物件は市場にたくさんあります。

ではなぜ電話してくるかというと、より安く買い叩き転売して利益を得るためです。


そのため、そもそも売る気のない人にアプローチして売却を促し、

買取業者に流すというケースが非常に多いです。


しつこい電話や訪問にお困りの際は、

まず「売却する気はない」とはっきりと意思表示をし、

それでも改善されない場合は国土交通省等の窓口に相談するといいでしょう。

 

2019 house 2019 house 2019 house 

 

①・②のケースともに、当社管理物件のオーナー様であれば

ご相談可能ですので、お気軽にお問い合わせください。


当社は管理専門ですが、提携業者に売買仲介会社や買取会社もあり

迅速に連携がとれますので査定も無料で行うことができます。

 

先日も、オーナー様からご相談のお電話がありました。

お話を伺うと、ある金額で仲介業者を通して売却をご検討中とのことでした。

そこで、提携会社へ繋げたところ、その会社で買い取ることができ、

結果オーナー様は仲介手数料の数十万円分が浮きました。


売却はそのときの市場価格やご自身のローン残債等、

複合的に判断してタイミングを計る必要がありますので

上記のような件が全てではありませんが、

ご相談はいつでも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

Copyright © 明成不動産管理株式会社 All Rights Reserved.